七五三Q&A

健やかな我が子の成長をお祝いする大切な行事「七五三」。
家族にとっての一大イベントってことはわかるけど

実際のところよくわからないこともい〜っぱい!
「こんなときはどうするの?」「みんなはどうしてるの?」
そんな七五三に関するあらゆる疑問や悩みを一発解決!
しっかりチェックして、記念すべき日を素敵な

思い出として飾りましょう。

七五三その由来って?

乳幼児の生存率が低かった昔は、七歳までの子供は神の子とされ、七歳を迎えて初めて社会の一員として世間に認められました。そのため子供の厄年と言われる三歳、五歳、七歳の節目に無事成長したことを氏神様に告げ感謝し、さらに将来の幸福と長寿を祈願するのが七五三の行事として定着しました。

三歳

「髪置」かみおき [男児・女児]
産まれてから剃っていた髪の毛を男女の区別のつく髪型にするため伸ばし始める儀式。

五歳

「袴着」はかま [男児]
正装である袴を初めて身につける儀式。

平安時代には女の子も行っていたが江戸時代以降男の子のみの風習に。

七歳

「帯解」おびとき [女児]
それまで着付に使っていた帯代わりの紐を取り、初めて大人と同じ帯を結び、装いをする儀式。

時期はいつごろ?

11月15日を中心に、全国の神社でお参りが行われています。

日の吉凶を占う二十八宿のうち最良の吉日「鬼宿日」であるこの日にお祝いをするようになったなど諸説はいろいろありますが、現在はこの前後の都合の良い日にお祝いをされるご家族が多いようです。

どんなことをすればいいの?

神社へのお参り、食事会でお祝いをするのが一般的です。ただ、お参りのスタイルも祝詞をあげ、お祓いを受ける場合と参拝とお賽銭をあげるのみで祈願する場合と人それぞれです。

時間と予算を考えたうえで、お子様を想う親の気持ちを形にしたプランを立てましょう。

素敵な思い出として残しておける写真撮影も人気を集めています。

 

七五三Q&A

パパ・ママの七五三に関する?を一気に解決!

Q.11月 15日の限定の行事なの?
A.年齢の近い兄弟や姉妹がいる場合、満年齢と数え年を使い分けたり、ずらして一緒にお祝いをされる方もみえます。特に決まりはないので、ご家族の大切なイベントとして話し合ったうえで決めましょう。

Q.数え年?満年齢?どちらで行うのが正しいの?
A. かつては数え年、現在では満年齢でお祝いするのが一般的とされています。
※「数え年」生まれた時点の年齢を一歳とする
 「満年齢」生まれた時点の年齢を〇歳とし、翌年の誕生日を一歳とする

Q.早生まれの場合って 
A.もともと数え年でお祝いをしていた風習を考えると、満年齢に達していない数え年でしても問題ないのでこだわらなくても大丈夫です。

 

Q.神社はどこを選ぶべき?  
A.せっかくのお参りだから有名な神社へ!と考えるご両親もいますが、お子様への負担を考えると住んでいる地域に近い氏神様へお参りする方がよいでしょう。特に当日のスケジュールがぎっしり詰まっている場合は、近場を選んだ方がスムーズにことが運びます。

Q.なんで千歳飴なの?

A.「長く伸びる=長寿」という縁起にあやかった千歳飴。紅白それぞれの色で着色され、“寿”や“鶴亀”など縁起の良い図案が描かれた化粧袋に入っています。節分の豆と同じく年の数だけ袋に入れると良いとされています。


Q.パパ、ママの格好って? 

A.神社にお参りをすることを考えると、少し改まった装いをしたいもの。あくまで「子供が主役」の行事であることを忘れず、お子様の装いが伝統にそった和装であれば、それに近い礼装で合わせることをおすすめします。洋装であればスーツやワンピースなどが適切です。


Q.お祝い返し、何がいい?
A.本来、七五三のお祝い返しはしなくてもよいとされていますが、お祝い事に贈答はつきもの。特におじいちゃん、おばあちゃんからかわいい孫へのお祝い金 はよくある話です。そんな両親へは七五三で撮った写真をアルバムにして手紙を添えて贈るだけでも喜ばれます。ご近所からお祝いをいただいた場合は、千歳飴 やお赤飯、菓子折りなどを謝礼としてお返しすることが一般化してきています。

七五三アンケート 

地方のしきたりやスタイルなど、さまざまなお祝いの形があるけれど、困った時や悩んだ時はやっぱり先輩ママの意見が参考になりますよね!実際に七五三を済ませたご家族の方の声をアンケートにまとめました。

Q.トータルで七五三にかった費用って…?

衣裳代、食事代、スタジオ撮影代など家族によってどこにウエイトを置くかはそれぞれ。主流は5万円台ですが、おじいちゃんおばあちゃんが衣裳を用意してくれたから安く済んだ!とのうらやましい意見も。

家族にとって無理のない楽しい思い出として残るプランを立てましょう。

Q.写真スタジオで撮影したのはいつ?

10月、11月はどこのスタジオでも混雑が予想されます。

最近の賢いパパママはゆったり撮れて、値段も比較的お得な前撮り撮影をしっかり押さえているようです。中には夏の日焼け前に計画的に予約をされる方も。

当日撮りはいかにスケジュールを組むかがポイントとのアドバイスもありました!

Q.記念写真はどこで? 

和装、洋装問わず、一生に一度の我が子の晴れ姿。プロのスタジオ撮影を希望された方が多いという結果に。

その際にはお子様の写真だけでなく、パパママやおじいちゃんおばあちゃんも一緒に写って家族の記念写真にしたとの声も。パパやおじいちゃんが専属カメラマンに変身される方もみえました。

Q.子どもの衣裳は?

レンタル衣裳派と購入派を合わせてみると、なんと6割以上の人が和装をチョイス!昔から続く伝統行事だからパパママも純和風で決めたい方が多いよう。

レンタルならちょっと豪華な衣裳を選ぶこともでき、ヘアメイクまでセットにして賢く利用されている方がほとんどでした。